昨今デジタルマーケティング領域において、データ活用がますます重視されるようになってきています。

例えば、webサイトのアクセスデータ、snsのインサイトデータ、web広告の運用データ、そして顧客管理・crm活動など、自社で蓄積したデータの活用がビジネスの要になっていると言っても過言ではありません。

しかし、「社内のあちこちにさまざまに異なる形でデータが散在している」「複数ソリューション間でデータ連携ができない」など、データ資産運用に関して課題を抱えている会社も多いのではないでしょうか。そういった課題を解決できるのが「etlツール」です。

この記事では、「etlツールとは何?」という方に向けて、その特徴やメリット、ビジネスにもたらすインパクトを解説していきます。

【メール便なら送料無料】 MIKIMOTO ミキモト K18YG イエローゴールド ネックレス パール 真珠4.0mm ハート 香水瓶モチーフ 透かし 59cm【新品仕上済】【zz】【中古】【送料無料】:銀座東洋ジュエリー 新規購入

【メール便なら送料無料】 MIKIMOTO ミキモト K18YG イエローゴールド ネックレス パール 真珠4.0mm ハート 香水瓶モチーフ 透かし 59cm【新品仕上済】【zz】【中古】【送料無料】:銀座東洋ジュエリー 新規購入

etlツールとは、近年、データ分析領域で注目されているitツールの一種です。「etl」とは以下の頭文字を組み合わせたものです。

「e」=extract(抽出する、切り出す)
「t」=transform(変換する)
「l」=load(積み込む)

デジタルマーケティング領域において、データ収集・加工・分析のプロセスがますます重要視されるようになってきています。

社内にexcel、crm・sfaツール、biツールなどあちこちに散在するデータソースを抱え、複数のソリューションにまたがるデータ連携に課題を抱えている企業も少なくないことでしょう。

etlツールは、さまざまに異なる形式で分散しているデータを整理整頓し、データ資産を社内でもっと効率的に活用し、よりビジネス成果を上げるためのツールなのです。

「etlツール」がビジネスにもたらすインパクトとは?

なぜビジネスで「データの整理整頓」が必要になってきているのか?

例えば社内に、顧客データベース、名刺データベース、売上データベースなど、いくつかのデータソースが存在しているとします。

その3つをすべて別々に、sfa・crmツールで管理していたり、名刺管理ソフトで管理していたり、また、excelで管理している場合もあり得ます。

すると、各itシステムの提供元によってデータ形式や文字コードがバラバラに。いざ、複数ソリューション間でデータ連携しようとしても「データ形式がそもそも合わない!」といった問題が生じます。

あるいは、すべてexcelで管理していたとしても、各部門・担当者によって異なる形式で作成・運用されていることも起こり得ます。さらにexcel管理の場合、担当者が独自にマクロやvbaを組んでいることもあり、煩雑なスキルが属人化し、社内で効率的に仕組み化・共有できないという課題も発生します。

また、蓄積したローデータはそのまま利用するのではなく、用途に応じて加工作業が必要な場面も多々あるでしょう。

このような、社内のデータソース運用・活用の細かな課題を解決するために生まれたitツールが「etlツール」なのです。各所に散在するデータを集め、一定の基準で整理したうえで、使いやすくまとめる役割を果たします

昨今、itツールを活用したデジタルマーケティングの自動化や、デジタルトランスフォーメーション(dx)といったテーマに関心が向きがちです。しかし、そもそも社内で保有するデータ資産を、部門間を超えて効果的に連携・運用できなければ自動化やdxは実現しません。

「etlツール」の導入は、言わば「dxの第一歩」とも言えます。